永山新川にて、オオハクチョウとオナガガモetc.

今年は心なしか天気の悪い日が多い気がする旭川ですが、

 

久々に晴れたので以前出会ったおじいちゃんに教わった突哨山に行ってきました。

 

 

 

 

目的は「ハヤブサ」でしたが、ハヤブサが見れるのは崖沿いのようです。

 

 

 

 

早速突哨山の駐車場に車を止めて雪深い散策コースを歩いて行くも

 

歩けど歩けど同じ景色ばかり・・・・・

 

 

 

 

 

「うーん、これ大丈夫かな?」

 

 

 

「食べ物も飲み物も何も持ってきてないし、ヤバくない?」

 

 

 

 

 

ということで残念ながら入山して30分ほどでハヤブサを断念。

 

 

 

 

近隣の人に聞いた話によると冬に入るならスノーシューが必須だそうで。

 

 

 

 

うーん、スノーシュー買おうかな!

 

 

 

 

 

久々に晴れているのに何も収穫がないのも寂しいのでホームグラウンドである永山新川へ。

 

 

 

 

いつもどおりオオハクチョウ達がリラックスしている姿を見ることができました。

 

フラミンゴみたいに片足立ちしてるオオハクチョウ。

 

 

 

こっちは片足立ちしながら寝てます。

 

 

写真撮ってても気にせずリラックスしてくれるのは嬉しいけど、緊張感なさすぎでちょっと心配です(笑)

 

 

さらに水をゴクゴクと飲む姿も見せてくれました。

 

 

 

 

うーんカワイイ!!(・∀・)

 

 

さらに僕の愛用している「新訂北海道野鳥図鑑」に書いてある、

 

「挨拶ディスプレイ」なる行動も見せてくれました。

 

 

 

オオハクチョウは結構サイズがでかいので迫力あります!

 

 

そしてオオハクチョウのまわりを漂っていたのがオナガガモの集団です。

 

 

オオハクチョウのように大きい鳥もいいけど、オナガガモのように小型の鳥もかわいいですね。

 

 

オナガガモの写真を撮っているといきなり大量に鳥たちが飛びだったので何事かと思い空を見ると

 

 

近隣の覇者、オジロワシさんが通過したようです。

 

 

特段襲いかかってきたりしたわけでもないのですが、やはり野生の反応というのはすごいです。

 

 

次回はスノーシュー買って突哨山に再チャレンジしたいなぁ。

 

 

 

 

p.s.

 

 

帰りに撮ったスズメさん。

 

 

 

何気にスズメさんは動きが早く撮りにくいイメージがあります。

 

 

次こそはジャスピンで撮りたいな。